小型犬ミックスについて

昨今、小型犬と言えばプードルやチワワですが、昔はマルチーズやペキニーズ、さらに昔はチンでした。そのマルチーズ、略してマルが私個人的には好きです。小型犬と言えばマル!
 
さて、その「マル」のおはなし。近頃ペットショップで「ミックス」と表示されて、かわいらしいのがこっちをみてたりします。人気はやはり「小型犬のミックス」らしい。純血種の小犬より下手すると値段が高かったりします。なんなんだろう?この現象はと思ったり、価値観の変遷なんなんだろうな、きっとと思ったりして。まあ、「かわいい」がすべてなんだろう。
 実は、この「マル」が片親に入ると大抵子犬は「かわいい」んです。「マル」は性格良いし、安産だし子育て巧いし。正反対のもよく昔はいたけど、いまはあまり見かけない。いい因子だけが多く残ってるのかも。
でも、「マル」は管理が大変なんです。涙焼け、尿焼け、新聞紙は使えない(インクが披毛に移るから) キレイな「マル」を見かけたら、たゆまぬ努力をしている飼い主さんだと称賛してあげてください。
 
だから「ミックス」にするのか、、、