食物不耐性と食物アレルギーについて

あなたの愛犬が、食物不耐性や食物アレルギーの場合、以下のような症状を示します。

・かゆみ
・引っ掻き傷
・脱毛症
・皮膚の炎症
・下痢、ガス、腹部のけいれん

ほとんどの症状は数日後に発生するため、反応の原因を特定することは非常に困難です。
 
食物不耐性
犬が食物アレルギーを持つことはめったにありません。食物不耐性の方がはるかに一般的です。食物不耐性は、免疫系に起因しない過敏反応ですが、その原因は様々です。たとえば特定のたんぱく質の消化酵素が不足している場合もあります。この場合、犬はこの特定たんぱく質を消化することができません。人間で言えばお酒が極端に弱い人、牛乳を飲むとすぐおなかを下す人、これが食物不耐性です。

食物アレルギー
食物アレルギーは免疫系の抗原・抗体反応によって引き起こされる反応です。たとえば犬はバナナのようなものを食べる場合に発生する可能性があります。食物アレルギーを発症すると、血液中に検出可能な抗体を形成します。食物アレルギーを発症した場合は、その発症した食物を食べさせないこと以外は発症を回避する方法はありません。

交差反応
犬に食物アレルギーがある場合、アレルゲン上に形成されたエピトープ(抗体決定基)を認識することができます。 エピトープはタンパク質と糖により形成されます。 犬が食物アレルギーを起こしている果物が実際のアレルゲンと同様のエピトープを持つ場合、抗体はこれらのエピトープに結合して食物アレルギー反応を引き起こす可能性があります。 たとえば、バナナに食物アレルギーのある犬は、その後キウイを食べた後に食物アレルギー反応を起こす可能性があります。

トリガー
食物不耐性や食物アレルギーの最も一般的なトリガー(きっかけ、引鉄)は、植物または動物のタンパク質、つまり食品中のタンパク質です。炭水化物も稀にトリガーとしても機能します。原則として、食品中のタンパク質は食物アレルギー反応、その後の交差感受性または食物不耐性を引き起こす可能性があります。


 

あなたの犬が食べてはいけないものを知るためには

除去食療法について

先ず亜鉛欠乏症などの栄養欠乏症が原因ではないかを確認することが必要です。ただし通常ドッグフードには亜鉛や微量要素は含まれますので、栄養欠乏症であることは考えられえません。ほとんどの場合は食物不耐性や食物アレルギーが原因と考えられ、その場合は除去食糧法を推奨します。

あなたは愛犬に一定期間、単一のタンパク質や単一の炭水化物源でつくられたドッグフードしてを与えます。
他の成分を排除することで、食物不耐性や食物アレルギーの原因となる食物を特定します。特定できるまで続けます。

 除去食療法は、飼い主の努力と愛情が必要となりますが、かなり正確にあなたの愛犬が摂ってはいけない食品がわかります。やる価値は十分にあります。
 

除去食療法に適したフード

犬が食物アレルギーを持っている可能性はかなり低く、ほとんどの場合、症状は食物不耐性が原因です。あなたの愛犬がどのフード原料に対して食物不耐性や食物アレルギーがあるのか、ドクタークラウダーズの製品で特定することができます。

 

シングルプロテイン(単一動物性たんぱく):

愛犬がどの動物性タンパク質に対して食物不耐性や食物アレルギーを持っているかどうかを調べる必要があります。シングルプロテインのフードを一定期間与え続けます。愛犬が耐えられないタンパク質のフードの使用を中止すればよいのです。これであなたはこのタンパク質源を除いた、愛犬が大好きなフードを与えることができます。
ドクタークラウダーズのワイルドライフシリーズは、サーモン、ラム、ダックのシングルプロテイン。ハイポセンシティブシリーズは、ベニソン(鹿)、ダックのシングルプロテインです。

  



グルテンフリー(グルテンを含まない):

愛犬が動物性タンパク質に食物不耐性や食物アレルギーを持っていないにもかかわらず体調が優れない場合は、「グルテンフリー」のフードを与えてみましょう。グルテンは小麦だけでなく、ライ麦や大麦にも含まれている植物性タンパク質です。グルテン入りのフードから「グルテンフリー」のフードに変えて愛犬の体調が良くなれば、あなたの愛犬は、グルテンに食物アレルギーや食物不耐性を持っていると考えられます。「グルテンフリー」のフードなら与え続けることができます。
ドクタークラウダーズのベストチョイスシリーズは「グルテンフリー」となっています。



あなたの愛犬が、「グルテンフリー」のフードに変えても体調が優れない場合は、穀物(グレイン)に不耐性を持っている可能性が高いです。穀物には、小麦、スペルト小麦、トウモロコシ、米、キビ、オート麦、ライ麦など、さまざまな種類があります。

グレインフリー(穀物を含まない):

「グレインフリー」のフードを用意しましょう。あなたの犬が穀物のない食べ物で体調が改善されたならば、これでテストは完了です。
ドクタークラウダーズのワイルドライフシリーズ、ハイポセンシティブシリーズは、「グレインフリー」のドッグフードです。